ASJ Freshニュース 第74号(2020年8月28日号) - 日本音響学会 学生・若手フォーラム

ASJ Freshニュース 第74号(2020年8月28日号)

━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本音響学会 学生・若手フォーラム
ASJ Freshニュース 第74号
2020年8月28日 発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━♪━

♪━━━━ 目 次 ━━━━♪*
◆ 日本音響学会 ビギナーズセミナー(オンライン開催)のお知らせ
◆ 特別企画「スペシャルセッション 音響学×人工知能 ー新しい音へのアプローチー」
◆ 日本音響学会 スペシャルセッションのタイトル紹介
♪━━━━━━━━━━━━━♪*

2020年9月9日〜11日に日本音響学会2020年秋季研究発表会(#asj2020a)がオンライン開催されます.
今回は例年と異なりオンライン開催ですので,詳しくは日本音響学会公式HP( https://acoustics.jp/ )をチェックしてみてください.
#asj2020a への参加登録方法や開催プログラムはこちらです( https://acoustics.jp/annualmeeting/ ).
今月号では #asj2020a にて開催されるビギナーズセミナーや特別企画,スペシャルセッションについてご紹介いたします.
※ 学生・若手フォーラム主催の学生ランチミーティングについては今回は中止となっております.

♪*♪*♪━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本音響学会 ビギナーズセミナー(オンライン開催)のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━♪*♪*♪

日本音響学会初日に新たに音響研究分野に入ってこられた方を対象にしたセミナーを開催いたします.
今回は新型コロナウイルスの影響を鑑み,オンライン開催となります.
開催時間帯が例年と異なりますのでご注意ください.
秋季研究発表会に参加登録されていない方も無料で参加できますので,奮ってご参加ください.

日時:9月9日(水)19:00 – 20:45
プラットフォーム:Zoomを予定
会場URL:後日公開
聴講方法:後日公開
詳細: http://asj-fresh.acoustics.jp/?p=1675

テーマ:「Web会議システムを支える音響技術超入門」

「Web会議システムにおける音声認識技術」田中 一成, 小黒 玲(アドバンスト・メディア)
概要:Web会議システムを利用した音声認識のアプリケーションについて紹介していただきます.

「Web会議システムにおけるエコーキャンセリング技術」島内 末廣(金沢工業大学)
概要:Web会議を支える音響処理技術の1つである音響エコーキャンセラについて紹介していただきます.

「Web会議システムにおけるハードウェア技術」鵜飼 訓史(ヤマハ株式会社 コミュニケーション事業部CC開発部UCソフトグループ)
概要:Web会議ではかかせないスピーカーフォンについて,それに関わるハードウェアや信号処理技術などを紹介していただきます.

♪*♪*♪━━━━━━━━━━━━━━━━━
特別企画「スペシャルセッション 音響学×人工知能 ー新しい音へのアプローチー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━♪*♪*♪
特別企画では「音響学×人工知能」というテーマで30分の招待公演が3件オーガナイズされています.人工知能研究の根本的なお話から,その音響分野への応用に関する講演になっています.

日時:令和2年9月10日(木) 13:15~14:45
講演者(講演順):寺島 裕貴(NTTコミュニケーション科学基礎研究所),原田 登(NTTコミュニケーション科学基礎研究所),古井 貞熙(国立情報学研究所/TTIC)


♪*♪*♪━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本音響学会 スペシャルセッションのタイトル紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━♪*♪*♪
スペシャルセッションとは,研究委員会ごとにセッションのテーマを決めて講演をオーガナイズするものです.15分の一般講演に加えて30分の招待講演もあり,そのテーマについて理解を深めるきっかけとなります.今回の研発では5つのセッションがあり,そのタイトル及び概要を紹介していきます!是非リモートでご参加ください!

・学会1日目(令和2年9月9日(水))
高臨場感オーディオとユーザインタラクション
概要:高臨場感オーディオを実現するための技術や,実際の利用に関する講演があります.
スポーツと音 その5
概要:スポーツをする際の音の影響や,歓声の臨場感に関する講演があります.

・学会2日目(令和2年9月10日(木))
楽器の音響学 ー民族楽器を中心にー
概要:様々な民族楽器に関する音響学的な観点からの研究に関する講演があります.
音のデザインのための主観評価法
概要:評価グリッド法に関するものを主として,音の主観評価法に関する講演があります.

・学会3日目(令和2年9月11日(金))
屋外拡声システムのニーズと研究シーズ
概要:屋外拡声システムに関する手法の研究や,その評価に関する研究の講演があります.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加